理想の目にするために
目を閉じる

人間の目は人それぞれ形が異なっており、生まれたときからぱっちりとした大きな目の人や、一重で比較的目が小さい人もいます。
日本人は二重になりにくいため、まぶたの脂肪が重くて一重に悩まされている人もいます。
現在では気軽に購入することができるアイテープやアイプチなどがありますが、重い一重の人はいくらやっても形をつけることができないのです。

■目元を大きくする
全国ではそんな人の悩みを改善するために多くの美容外科が展開しています。
一重に悩んでいる人は美容外科で行っている目頭切開の整形を行うことで、理想の目をつくることができるのです。
目頭切開は目が離れている人やつり目の人に最適な方法で、目頭にある蒙古ひだを取り除くことで目を大きく見せることができます。
日本人は蒙古ひだが多い被さっていることが多いため、目頭切開ではこれを除去していきます。

■綺麗な平行型にする
理想の二重まぶたをつくりたいと考えていても、奥二重になってしまったり平行型の二重にならなかったりすることがあります。
目頭切開法では平行型の二重まぶたを形成することができるため、理想の二重まぶたを手に入れることができるのです。
綺麗な平行型の二重まぶたをつくるためには、まず整形手術を行う前に専門医と詳しくカウンセリングをする必要があります。
患者の希望を聞いた上で最適な治療法を提案して、それから理想の目にするために手術を行っていきます。

■状態を確認する
一人一人まぶたの状態が違うため、まずはそれを専門医に見せることで状態確認をすることができ、希望のラインを提案することができます。
目頭切開法の他にも手軽に行うことができる埋没法を行うことも可能です。
埋没法では目頭切開よりも安く費用を抑えることができ、メスを使わずに糸での手術を行っていきます。
しかし埋没法は徐々に糸が緩んでしまうため、これからずっと維持するためには埋没法よりも目頭切開の整形の方が最適といえます。

一重の傾向が強い人は、いくら自分で二重を作ったとしても形を維持できずに元に戻る可能性が高いです。
そのため重い人は埋没法による整形を行っても、まぶたの重さにより通常よりも早く取れてしまうのです。
そのような方にはハッキリ二重まぶたを維持することができる目頭切開が最適です。

目が小さい人は目頭を覆っている皮膚が多いので、この蒙古ヒダを取り除くことで目元の印象を大きく変えることができます。
目が離れている人はこの目頭切開の整形手術を行うことで目をより真ん中に近づけることができ、理想の大きな目にすることができるのです。

目元の印象は1mm変えるだけでも大きく変化することができます。
アジア人は比較的この蒙古ひだが多い傾向にあるため、目が小さいという悩みを抱える人も多いのです。
この蒙古ひだが強い人は自分で二重にしてもなかなか目を大きくすることができないため、今よりももっと二重まぶたをハッキリさせたい人は目頭切開が良い方法といえます。

カレンダー
2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
アーカイブ
カテゴリー